周りが見えない

周り「まだ少し、大人しくしていたら?」
そう友達に言われました。
その通りかもしれません。私はその時、心から大切だと思って居た人を失いました。
何かあったとき、自分が身代わりになっても厭わないという位に愛していました。

それでも別れはやってきたのです。

それから半年もしないうちに、私の目の前に現れた男性。
彼は、とても優しくて紳士的な人でした。
私の辛い話も耳を傾けて聞いてくれましたし、どんどん痩せていく私を心配して食事に連れて行ってくれることもありました。

サイクルとしては早かったのかもしれませんが
その時すでに、彼が居ない生活というものが考えられなくなって居ました。
周りは冷静になりきれて居ないと私に対して指摘をしてくれていたのですが私は彼に一直線でした。

周りが見えない恋
・・・なんて言い方よくありますが、まさにそんな感じであったと思います。
私は周りが一切見ていませんでした。

彼とは頻繁に会うようになり、関係性は深いものに変化して行ってお付き合いをすることになりました。
「やっぱり私が思った通りだ」というのが正直な感想でした。

しかし彼との恋愛は長続きはしませんでした。
スーッと潮が引いていくように2人の恋愛も終わってしまったのです。